【カナダ留学】カナダ渡航時に使ったスーツケース、鞄はどこの?どういうものを選べば良い?

こんにちは。

最近カレッジの課題でtech系のチュートリアル記事を800wordくらいで書くというものが出て、書き上げるのに結構な時間がかかってしまったmiaです。

英語で書くというだけではなく、プログラミングについてなのでサンプルのコードの準備などもする必要あり、想像以上に時間がかかりました。でも無事にアップできたので、今日はこのブログを書くことができています。

今日のブログでは、私がカナダ留学に渡航するときに使ったスーツケースや、鞄について紹介します。私の場合は、入国時から14日間の隔離をする必要がある時期だったこともあり、荷物が多すぎでスーツケース崩壊寸前まで荷物を詰め込みました。そのため、すべての移動時にスーツケースが壊れないかハラハラ、引っ越しもハラハラという感じでした。

これから留学予定の方の参考になればうれしいです!

それでは紹介していきます!

 

まずは、自分が使う航空会社の荷物についての規約をチェック

 

私は、成田からバンクーバーまでJALで渡航しました。JALの受託手荷物と持ち込み手荷物のサイズが数をチェックして、どのような鞄の組み合わせで渡航するのかを考えました。

簡単な説明になりますが、私の場合は2つの受託手荷物(スーツケースなどの大きな荷物で、貨物エリアに積まれるもの)と、1つの身の回り品と1つの手荷物を持ち込むことができるということが分かりました。

大きな荷物2個は23kgまで(超過料金はかかるけどオーバーしても受付してもらえる)、手荷物は10kgまででそれぞれ大きさの指定があったので指定内のスーツケース・鞄を用意しました。

 

自分が持っているスーツケースを出して、どれを持っていくか検討した。

 

自分が持っているスーツケースの大きさや重さなどを実際に出して測ってみました。

1つは持っていくことが確定(1週間以上用のソフトのスーツケース)、もう1つは少し小さめだったので(ハードのスーツケース4〜5泊用)持っていくか新しく買おうか要検討という感じでした。

新型コロナウイルス関連の入国規制に伴い、14日間の隔離が義務付けられている時期に渡航する予定だったので、自分が思った以上に普段なら持っていく必要のないものも持っていかないといけないということに気が付き、スーツケースを新しく1つ買うことに。

そこで買ったのはこちら。

GRIFFINLAND スーツケース PC7258 Lサイズ 大型 超軽量 おすすめ かわいい キャリーバッグ ポリカーボネート 旅行かばん おしゃれ ファスナー TSAロック ハードケース 海外 国内 旅行 Go To Travel キャンペーン おすすめ かわいい 女子旅

価格:9,980円
(2021/10/3 07:29時点)
感想(115件)

安いし、ハードのスーツケースなのに軽いし(持っていたソフトのスーツケースよりも軽い)、これは留学生向けでは?!と思い購入しました。

ちなみに、私がもともと持っていたスーツケースは、kiplingという鞄メーカーのものです。

私はお店で買ったので、完全に同じ商品は楽天で見つけられなかったのですが、内装などはこのモデルのスーツケースに近いので貼っておきます。

キプリング Kipling ユニセックス スーツケース・キャリーバッグ バッグ【Spontaneous 26″ Medium Rolling Luggage】Blue Bleu

価格:70,800円
(2021/10/3 07:33時点)
感想(0件)

この2つが、私が受託手荷物で預けた2つのスーツケースです。

 

 

手荷物で持っていく鞄を選んだ。

 

次に、機内に持ち込む鞄を選びました。まず、身の回り品としてはパソコンなども含む貴重品を入れたリュックを当てはめました。リュックの詳細が気になる方は、バンクーバーのカレッジでプログラミングを勉強している留学生の鞄の中身(macbookのスペック/リュックのブランドetc)

こちらの記事に書いているのでよければご覧ください。

リュックの他に、大きめのボストンバックを持っていくことにし、隔離ホテルで使うものなどを中心に荷物をまとめました。

 

ちょうど写真があったので紹介します。

奥から、新しく購入した軽いスーツケース、もともと持っていた丈夫なスーツケース、手荷物のボストンバッグです。

 

スーツケースが重たすぎる問題はお金で解決した。

 

多くの留学生が直面する「スーツケースが23kgよりも重くなっちゃった問題」ですが、私ももちろんそうでした。全然23kgなんて収まらない重さでした。

1つは超過料金を払って23kgオーバーにしようと思っていたのですが、最終的には2つとも超過料金を支払いました(1つ1万円)。

留学先で買えば良い、日本から送ってもらえば良いとい考える方もいるとは思うのですが、隔離がある場合は買いにいけませんし、現在日本の郵便局からカナダに送れる荷物には重さの制限があったりします。

日本のように安くクオリティの高い商品はなかなかないので、渡航先で買い揃えると言っている人を見ると、セレブだ…と思うこともあります。

冗談抜きで超過料金の方が安く思えてくると思います。

困らないために、日本でできるだけ買い込んで超過料金も支払って留学していますが、今思い返すと正解だったなと思います。

あと、たまにツイッターで数キロオーバーしたけど超過料金0で受け付けてもらえた!数キロだったのに許してもらえず、空港で荷物を詰め直した。お金を取られたという内容のツイートを見ます。数キロだから○○というのは個人的には期待しないほうが良いのではないかなと思います。一応、ルールがあることなので。

渡航日にいらぬ心配をしなくて良いようにパッキングして、気持ちよく旅立ちましょうね!

 

鞄選びや荷物について後悔したこと

 

荷物が重すぎて、超過料金を支払った私ですが、実は新しく買ったスーツケースが荷物の重さに耐えきれずに異音を発するようになっていました。

スーツケースを引くたびにミシミシ、ポコポコ。完全にスーツケースの車輪のあたりから、重さに耐えきれないという悲鳴が聞こえてきていました。

おそらく23kgくらいなら全然耐えきれるのだと思いますが、写真を見返したところ私は32kgの荷物にしていたようです。ごめんね…

軽くて丈夫で良いスーツケースです!が、入れすぎ注意でした。空港からホテル、ホテルからホームステイ、ホームステイからシェアハウスの移動の際に常に壊れないか心配していました。最悪の事態に備えて、十字で締められるバンドを付けていました。結果として壊れなかったのですが、いつ壊れてもおかしくなかったと思います。かさばる軽い荷物を入れるのにはかなりおすすめです(衣類やお菓子など)。

 

また、荷物持ってきてよかった〜とは前述の通り思っています。ですが、重すぎて自分が捌ける荷物量の限界だったなと思います。荷物を運んだ翌日は必ず筋肉痛になっていました。ターンテーブルから引き上げるのも一苦労。

反省点としては、自分が持ち上げられる、余裕があり持って歩ける重さにしておいた方が良かったなと思います。

 

こういうカートも空港内でしか使えませんしね…

あとは、自分が住む部屋が狭いとスーツケースだけでスペースを取られてしまうので、そういったことも加味して鞄を選ぶと良いと思います。

私の場合は、部屋にある小さなクローゼットにこの2つのスーツケースを入れているため、クローゼットはパンパンです。ですが、クローゼットに入らなかったら狭い部屋のふちに置く必要があったと思うので、収まってくれてなによりと思っています。

 

それでは、このあたりで今日のブログはおわります。ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

よく読まれている記事

【カナダ留学】カナダドルへの両替、送金はどうやってした?(Sony Bank Wallet / Wise)

【バンクーバー留学生活】1ヶ月の食費いくらかかるの?(5月編)

【バンクーバー留学】半年過ごしてみて分かった、日本から持ってきてよかったもの(2021年)